神戸大学
研究基盤センター
Center for Supports to Research and Education Activities
    english.png



【研究設備サポート推進室】

「設置機器概要」
 ・機器利用案内(学内限定)
 ・機器利用案内(学外の方)


【研究支援室】

【アイソトープ部門の案内】
    

【機器分析部門の案内】
     

【極低温部門の案内】
    

【加速器部門の案内】
    




・「ファクトブック」
・「研究基盤センター報」
・「若手フロンティア研究会」



【リンク】

































 2015年4月より、神戸大学研究基盤センターは、研究設備サポート体制という新しい制度の中心組織として出発することとなりました。
 センターの名称自体に変更はありませんが、研究基盤センターの中に、研究設備サポート推進室と研究支援室という二つの組織が置かれ、これまでの六甲台地区の3部門(アイソトープ部門,機器分析部門,極低温部門)は、研究支援室の中の部門となります。さらにこの研究支援室の中に、深江キャンパスの加速器が新たに加速器部門として参加することで4部門体制を執ることとなりました。また、研究設備サポート推進室として新たに設けられた組織は、これまで三つの部門が個別に進めてきた利用者サービスの事務を一括して取り扱うとともに、全学の研究設備の共同利用化推進やリユース機器の共同利用化、さらに学内研究設備機器のデータベース管理などを行うこととなります。
 さらに、医学研究科や海事科学研究科とも連携体制を執ることで、全学的に自然科学系の教育・研究活動の支援業務を行っていこうということが、今回の研究基盤センター改組と研究設備サポート体制構築の大きな目的です。
 研究設備サポート体制はまだ動きだしたばかりで、今後より良い体制をどのように構築すれば良いかは、尚模索中です。しかし、研究設備サポート体制の構築が成功し、神戸大学の教育・研究がより大きく発展するためには、皆さまのご協力が何よりも欠かせません。今後とも,研究基盤センターに対するご指導ご鞭撻,またご支援のほど,何卒宜しくお願い申し上げます。

神戸大学研究基盤センター長  三村 徹郎


  NEWS

最新分析機器を学外の方に開放しています! 研究基盤センターでは、神戸大学の社会貢献の一環としてセンターの施設・ 設備を地域社会に開放し、最新分析機器を学外の方にもご利用頂いております。 詳しい手続きなどにつきましては「学外の方へのご利用案内のページ」をご参照ください。 学外の皆様の積極的なご利用をお待ちしております。

・ 研究基盤センターでは、自然科学系の教育と研究を幅広く支援すべく機器分析のセミナーやRIの講習会、様々な研究会を催しております。 また、関係分野学会などとのセミナー、シンポジウムなどの共催や協賛を積極的に行っております。 共催や協賛のご相談は、研究推進課 Tel 078-803-5398 E-mail secretary @ csrea.kobe-u.ac.jp までお願い致します。

・センター業務全般についてのご意見ご要望等がございましたらsecretary @ csrea.kobe-u.ac.jp までお寄せ下さい。 また、各部門支援業務についてのご意見ご要望等がございましたら アイソトープ部門 機器分析部門 極低温部門  加速器部門  の各部門メールまでお寄せ下さい。 より良い支援業務を目指して努力して参ります。 



      
研究基盤センター問い合わせ先
  〒657-8501神戸市灘区六甲台町1-1
   神戸大学 研究推進課 
   TEL: 078-803-5398 E-mail: secretary @ csrea.kobe-u.ac.jp


    
 「研究基盤センター案内図」